YouTube、第22回(【石垣】第1回)を配信しました

2 days 10 hours ago
YouTube配信企画 ありがとうやんばるチャンネル第22回(【石垣】陸上自衛隊ミサイル基地建設の現場からの訴えー第1回ー)がアップされました。 (4分44秒) 撮影:「ヘリパッドいらない」住民の会 映像編集:マーティ https://youtu.be/CIe-oPBYB84 説明 基地建設とダムを見渡せるバンナ岳からと 農道から見る建設工事現場の様子です。 石垣島に軍事基地を作らせない市民連絡会 FBページ:https://m.facebook.com/347568342566561/ 引き続き、これまで繋がってきた島々の現状を載せていきたいと考えています。 「ヘリパッドいらない」住民の会
高江イイトコ

[B] 【8/8】ミャンマー 1988年8月8日から34年。在日ミャンマー人が都内でデモ行進を実施予定

2 days 11 hours ago
2021年2月1日、ミャンマーで国軍による軍事クーデターが発生し、日本を含む世界各地でミャンマー市民による民主化要求運動が巻き起こっている。軍事クーデター発生直後、東京都内では最大5000人以上が集まる抗議デモが取り組まれた。こうしたデモを呼びかけたのは「88世代」と呼ばれる在日ミャンマー人だ。(藤ヶ谷魁)
日刊ベリタ

[B] 核抑止論が核兵器の限定使用に道を開く

2 days 13 hours ago
ロシアのプーチン大統領がウクライナでの核兵器の使用も考慮に入れると今春、宣言したことを私は重く受け止めています。これをブラッフと考える人もいるかもしれませんが、私は可能性としてあり得ると考えています。ロシア文学を読めば、ロシア人は自己の実存をかけた賭けに出ることが少なくありません。帝国主義国家を覆した革命が起きたのがロシアだったこともその証左です。プーチン大統領の一度目の賭けはウクライナとの国境を越えたことでしたが、二度目の賭けは核兵器の使用です。もちろん、私はそれがブラッフに過ぎず、実現しないことを祈っています。
日刊ベリタ

[B] 「パンデミックで悪化した階級間の壁 〜フランスにおける新型コロナ感染症対策の自宅閉じこもり違反者の報道から〜 その2」 ソフィー・ビュニク 

2 days 15 hours ago
その反動から、メディアや論説記者たちは急進左翼を活気づけ、またポピュリスト的政党をも持ち上げつつ、ブルジョア階級や経営者たちの利己主義を強く批判した。ブルジョア階級と経営者たちは、大衆が労働に拘束されている中、コロナ対策の自宅閉じこもりからも抜け出すことができた。たとえば、最初の自宅引きこもり命令が出される数日前のことだ。最も富裕な家族は〜たいていパリやリヨン、ボルドーなどで賃料が最も高い中心街区に居住しているのだが〜この時ばかりは田舎か、海浜にある別荘へと繰り出したのだった。また田園地域の別荘を借りうけた者すらいた。出発前に自家用車のトランクにインターネットで購入した生活必需品を詰め込んで。
日刊ベリタ

Victory! Federal Court Upholds First Amendment Protections for Student’s Off-Campus Social Media Post

2 days 15 hours ago

EFF intern Emma Plankey contributed to this blog post.

Students should not have to fear expulsion for expressing themselves on social media after school and off-campus, but that is just what happened to the plaintiff in C1.G v. Siegfried. Last month, the Tenth Circuit Court of Appeals ruled the student’s expulsion violated his First Amendment rights. The court’s opinion affirms what we argued in an amicus brief last year.

We strongly support the Tenth Circuit’s holding that schools cannot regulate how students use social media off campus, even to spread “offensive, controversial speech,” unless they target members of the school community with “vulgar or abusive language.”

The case arose when the student and his friends visited a thrift shop on a Friday night. There, they posted a picture on Snapchat with an offensive joke about violence against Jews. He deleted the post and shared an apology just a few hours later, but the school suspended and eventually expelled him.

The Tenth Circuit first noted that these facts closely mimic those in Mahanoy v. B.L., a recent Supreme Court case that protected a student from suspension after she posted a picture to Snapchat with the caption “fuck cheer.” The Mahanoy Court explained that when students speak off campus, schools don’t have the same educational interests in regulating that speech. Social media does not change that. EFF argued to the Tenth Circuit that, if anything, courts should especially protect social media speech, because it is central to young people’s communication and activism.

The Tenth Circuit held the First Amendment protected the student’s speech because “it does not constitute a true threat, fighting words, or obscenity.” The “post did not include weapons, specific threats, or speech directed toward the school or its students.” While the post spread widely and the school principal received emails about it, the court correctly held that this did not amount to “a reasonable forecast of substantial disruption” that would allow regulation of protected speech.

Mukund Rathi

[B] 「パンデミックで悪化した階級間の壁 〜フランスにおける新型コロナ感染症対策の自宅閉じこもり違反者の報道から〜 その1」 ソフィー・ビュニク

2 days 16 hours ago
ソフィー・ビュニクさんはソルボンヌ大学で地理学や社会学を研究した女性の研究者です。その後、来日して立命館大学で研究を続け、東京の日仏会館(フランス国立日本研究所)でも研究員として過ごしました。専門は高齢化で都市機能が縮小していく縮退都市(shrinking city)の問題です。高齢化が世界一進む日本にとってはまさに今、注目の研究者です。今回のビュニクさんのご寄稿はフランスにおけるコロナ禍に関する内容になっています。昨年、いただいた原稿を村上個人のブログで紹介させていただきましたが、ビュニクさんの許可を得て日刊ベリタでも紹介させていただきます。
日刊ベリタ

【オンライン講演】ウクライナと憲法9条 水島朝穂氏講演 軍事介入「仕組まれた」国家でなく諸国民に信頼=須貝道雄

2 days 19 hours ago
 ロシアのウクライナ侵攻が進む中、JCJは6月14日、「ウクライナの戦争と憲法9条」と題し、オンライン講演会を開いた。講師の水島朝穂・早大教授(憲法学)は、この戦争に多額の支援をする米国について①..
JCJ

The UK Online Safety Bill Attacks Free Speech and Encryption

2 days 19 hours ago

The UK government has had more than a year to revise its Online Safety Bill into a proposal that wouldn’t harm users’ basic rights. It has failed to do so, and the bill should be scrapped. The current bill is a threat to free expression, and it undermines the encryption that we all rely on for security and privacy online. 

The government intended to advance and vote on the Online Safety Bill last month, but the scheduled vote was postponed until a new Prime Minister of the UK can be chosen. Members of Parliament should take this opportunity to insist that the bill be tossed out entirely. 

Subjective Standards for Censorship 

If the Online Safety Bill passes, the UK government will be able to directly silence user speech, and even imprison those who publish messages that it doesn’t like. The bill empowers the UK’s Office of Communications (OFCOM) to levy heavy fines or even block access to sites that offend people. We said last year that those powers raise serious concerns about freedom of expression. Since then, the bill has been amended, and it’s gotten worse. 

People shouldn’t be fined or thrown in jail because a government official finds their speech offensive. In the U.S., the First Amendment prevents that. But UK residents can already be punished for online statements that a court deems “grossly offensive,” under the 2003 Communications Act. If the Online Safety Bill passes, it would expand the potential scope of such cases. It would also significantly deviate from the new E.U. internet bill, the Digital Services Act, which avoids transforming social networks and other services into censorship tools

Section 10 of the revised bill even authorizes jail time—up to two years—for anyone whose social media message could cause “psychological harm amounting to at least serious distress.”  The message doesn’t even have to cause harm. If the authorities believe that the the offender intended to cause harm, and that there was a substantial risk of harm, that’s enough for a prosecution. There’s also a separate crime of transmitting “false communications,” punishable by fines or up to 51 weeks of imprisonment.  

The problem here should be obvious: these are utterly subjective criteria. People disagree all the time about what constitutes a false statement. Determining what statements have a “real and substantial risk” of causing psychological harm is the epitome of a subjective question, as is who might have a “reasonable excuse” for making such a statement. The apparent lack of legal certainty casts doubt on whether the UK's Online Safety Act meets international human rights standards.

The few exceptions in the section appear to be grants to large media concerns. For instance, recognized news publishers are exempt from the section on communications offenses. So is anyone “showing a film made for cinema to members of the public.” 

The exceptions are telling. The UK’s new proposed censors at OFCOM are making it clear they’ll never enforce against corporate media concerns; it’s only small media creators, activists, citizen journalists, and everyday users who will be subject to the extra scrutiny and accompanying punishments. 

Online platforms will also face massive liability if they don’t meet OFCOM’s deadlines with regards to removing images and messages relating to terrorism or child abuse. But it is extremely difficult for human reviewers to correctly discern between activism, counter-speech, and extremist content. Algorithms do an even worse job. When governments around the world pressure websites to quickly remove content they deem “terrorist,” it results in censorship. The first victims of this type of censorship are usually human rights groups seeking to document abuses and war. And whilst the bill does require online service providers consider the importance of journalistic freedom of expression, the safeguards are onerous and weak. 

Another Attack on Encryption

The bill also empowers OFCOM to order online services to “use accredited technology”—in other words, government-approved software—to find child abuse images (Section 104). Those orders can be issued against online services that use end-to-end encryption, meaning they currently don’t have any technical way to inspect user messages. This part of the bill is a clear push by the bill’s sponsors to get companies to either abandon or compromise their encryption systems. 

Unfortunately, we’ve seen this pattern before. Unable to get public support for the idea of police scanning every message online, some lawmakers in liberal democracies have turned to work-arounds. They have claimed certain types of encryption backdoors are needed to inspect files for the worst crimes, like child abuse. And they’ve claimed, falsely, that certain methods of inspecting user files and messages, like client-side scanning, don’t break encryption at all. We saw this in the U.S. in 2020 with the EARN IT Act, last year with Apple’s proposed client-side scanning system, and this year we have seen a similar system proposed in the E.U. 

These types of systems create more vulnerabilities that endanger the rights of all users, including children. Security experts and NGOs have spoken clearly about this issue, and asked for the anti-encryption sections of this bill to be withdrawn, but the bill’s sponsors have unfortunately not listened. 

If it passes, the censorious, anti-encryption Online Safety Bill won’t just affect the UK—it will be a blueprint for repression around the world. The next UK Prime Minister should abandon the bill in its entirety. If they won’t, Parliament should vote to reject it.

Joe Mullin

1600億円のピザ爆誕? ピザハット公式サイトで価格表示に不具合

3 days 4 hours ago
ITmediaの記事によると、日本ピザハットの公式Webサイトで、ピザの価格が正しく表示されない不具合が生じていたそうだ。ピザの注文ページにおいて、Lサイズのピザにトッピングを追加した場合、代金が数億円と表示されたなどとしている。Twitterでは8月2日ごろから「代金が1600億円を超えた」といった声も出ていた模様。なお4日の段階では再現されなかったので現在は修正されている可能性が高い(ITmedia)。

すべて読む | ITセクション | 火星 | バグ | サイエンス | お金 |

関連ストーリー:
21日、Microsoft Teamsで大規模障害が発生。思わぬ休日との声も 2022年07月22日
葛飾区、Excel ファイルの計算式ミスで補助金過大支給、数億円規模か 2022年06月12日
Firefoxからmicrosoft.comに接続できないトラブル、最新版v95.0.1で解消 2021年12月20日
一部の端末でJapan Wi-Fi auto-connectによる接続ができない不具合 2021年09月17日
Apple純正の天気アプリの一部に69度を表示できない不具合 2021年07月15日
国税庁、在宅勤務者の通信費・電気代などの非課税分の算出法などを公開 2021年01月19日

nagazou

LINE上での行政手続き、マイナンバーカードを使った本人確認に対応

3 days 5 hours ago
LINEとLINE Payは2日、LINE上での行政手続きで「マイナンバーカード」を使った本人確認に対応したと発表した(LINEリリース、Impress Watch、ペイメントナビ)。 LINE Payが新たに提供する「LINE Pay公的個人認証サービス」とLINEを連携させ、LINE上で提供される行政手続きにおいてマイナンバーカードによる公的個人認証サービスの対応を開始した。現在、LINE公式アカウントを開設している自治体は全国の7割近くあるとされるが、今後は本人確認が必要な行政手続きもLINE上で完結できるようになる。これに合わせて2日から「LINE Pay公的個人認証サービス」の導入を希望する自治体の申し込みを専用サイトより受け付け開始している。

すべて読む | ITセクション | ビジネス | SNS | 政府 |

関連ストーリー:
ソフトバンクグループ、「ユーザープライバシーファースト」を基本方針として掲げる 2022年05月28日
政府、個人情報保護の規制強化案。個人情報管理責任者の設置を義務付け 2022年02月07日
東京都、LINEを使った独自のワクチン接種証明を公開。政府ガイドライン違反の指摘も 2021年11月04日
LINE問題で調査員による最終報告書。韓国色を隠す意図があったなどと指摘 2021年10月19日
LINE、個人情報の取り扱い状況を発表。トーク投稿の画像と動画は韓国サーバーで保管 2021年03月18日
LINEのトークなどを含む個人情報、中国の委託先技術者が閲覧できる状況に 2021年03月17日

nagazou

[B] 映画『ネオニコの壊した生態系』

3 days 6 hours ago
ARTE(ランス語およびドイツ語で放送される、独仏共同出資のテレビ局)でネオニコと生態系破壊をテーマにしたドキュメンタリーが最近まで無料公開されていました。タイトルは『ネオニコの壊した生態系』。欧州中心に描かれていますが、米国の研究者に加え、日本の研究者や宍道湖の例が描かれています。(有機農業ニュースクリップ)
日刊ベリタ

パリティ対称性を利用して理想的な乱数実現

3 days 6 hours ago
原子核の崩壊のタイミングを乱数生成に使用する手法が以前から研究されていたそうだ。しかしそのランダム性と秘匿性の厳密な証明は確立していなかった。そんな中、高エネルギー加速器研究機構(KEK)の筒井泉氏らの研究グループは、パリティ(空間反転)対称性を持つ原子核の崩壊現象から生成される量子乱数のランダム性と秘匿性に、厳密な証明を与えることに成功したという。世界初とのこと。これにより、信頼性の保証された小型の乱数生成器の実用化が期待できるとしている(東京大学工学部プレスリリース、日経クロステック)。

すべて読む | セキュリティセクション | テクノロジー | ニュース | 暗号 | 数学 |

関連ストーリー:
ホンダ車のリモートキーレスエントリーシステムに脆弱性が発見される 2022年07月15日
偽の暗号通貨採掘アプリ、Google Playに多数存在か 2021年08月23日
北朝鮮、乱数放送をYouTubeで配信か 2020年08月31日
旅行予約サイト「あなた以外に○○人が見ています」表示、JavaScriptでランダムな数を表示しているだけだった 2019年10月24日
普段行かないような場所を乱数発生器で目的地として設定し探検する「ランドノート」 2019年10月04日

nagazou

雨雲レーダーに長方形の何かが映る、ほかの無線局の電波干渉などと推測

3 days 6 hours ago
雨雲レーダーにスマートフォンのような角丸長方形の雨雲が映り込んだことがネットで話題となっていたそうだ。この画像は、gari@TKCさんがアップしたもので7月4日夜、長崎県の壱岐島沖をとらえたものであるという。同氏が調べたところ、別の天気予報の雨雲レーダーでもこの部分は同様の形であったそう。Withnews側で気象庁に問い合わせてみたところ、この特殊な影については、気象庁側でも把握していたとのこと(Withnews)。 気象庁が詳しく確認したところ、7月4日の午後7時頃から翌5日午前7時頃まで、種子島を中心とした半径400キロの範囲を観測するレーダーが、この影と似たものを断続的にとらえていたとしている。ただし、こうなった原因に関しては把握できていないそう。明確な点はレーダーの故障ではない点で、前後の状況から降水現象ではないものが映ってしまった可能性があるとしている。

すべて読む | ITセクション | 地球 | バグ | サイエンス | 宇宙 |

関連ストーリー:
秋田県の沿岸部で気象庁のレーダーが大雨の誤観測。原因は風力発電の風車を雨雲と誤認したためか 2020年08月20日
日米共同開発のGPM主衛星、2月に打ち上げへ 2014年01月04日
北京五輪ではロケット弾で雨雲を分散 2007年07月23日
ドップラー効果で集中豪雨を予想 2004年09月05日

nagazou