[B] 米劇作家エドワード・オールビーの”遺言”  Civics(市民論・市政学)の教育を取り戻す必要がある

3 days 13 hours ago
エドワード・オールビーと言えば米劇作家で、「動物園物語」や「ヴァージニア・ウルフなんて怖くない」などの戯曲で多大な影響力を誇っていた作家でした。かつて日本で翻訳された外国人劇作家の戯曲集の巻末には著名な劇作家の翻訳集のリストが宣伝として掲載されていたものですが、そこにはオールビーの作品もしばしば掲載されていたものです。オールビーは2016年に亡くなっていますが、生前のインタビューでは興味深い発言をしています。
日刊ベリタ

PeduliLindungi: To care for and protect?

3 days 15 hours ago

In Indonesia, the PeduliLindungi app has become synonymous with the COVID-19 pandemic. Yet it poses an unprecedented threat while leaving citizens with little recourse to protect their data. This article is part of the "Pandemic of Control" series by EngageMedia and CommonEdge.

Language English
lori

EngageMedia: Introducing the "Pandemic of Control" series

3 days 16 hours ago

EngageMedia and CommonEdge invited writers, researchers and changemakers to respond to the growing digital authoritarianism – accelerated by COVID-19 – in the Asia-Pacific. The result is a 10-part series featuring insights from Indonesia, Vietnam, India, Sri Lanka, Bangladesh, Nepal and Australia.

Language English
lori

【おすすめ本】風間直樹 井艸恵美 辻麻梨子 東洋経済調査報道部『ルポ・収容所列島 ニッポンの精神医療を問う』―世界に例のない閉鎖病棟 恐るべき実態と病巣=萩山拓(ライター)

3 days 17 hours ago
 本書は精神病院に「強制入院」させられた当事者からの手紙を契機に、3年に及ぶ取材を続け、精神医療の「暗部」を暴 く衝撃的なルポである。 そこは「身体拘束」「薬漬け」「虐待横行」など、驚くべき人権無視の収容所だった。日本の精神病床は34万床、28万人が入院(2017年時点)、世界でも断トツ。先進国では在宅や地域での治療が主流であり、強制入院などは例外である。 ところが日本では「長期強制入院」のうえ、主治医の指示で、親・兄弟・子供との面会も禁止、電話やSNSも駄目。唯一できるのは..
JCJ

カメムシ注意報発令。梅雨明けが早かったため増殖中

4 days 2 hours ago
カメムシの発生数は1年ごとに発生数が増減する傾向があるという。今年は増加傾向に当たる「表年」だという。加えて梅雨明けが早かったことも影響し、地域によっては過去10年で最も増加しているという。毎日新聞の記事によれば、「天気が良く雨が少ないと虫も病気になりにくく、気温が高いと生育も早くなる」と解説する。すでに24都道府県が農家向けの「カメムシ注意報」を発表しているようだ(毎日新聞、NHK、農業協同組合新聞、読売新聞)。 nemui4 曰く、もしかして、今後二年おきにドンドン増えていく?

すべて読む | ITセクション | バグ | 変なモノ | IT |

関連ストーリー:
今年は蛾も大量発生。果実や秋冬野菜への被害が予想される状況に 2020年08月18日
日本ではバッタではなくカメムシが全国に大量発生。今年は果物が高くなるかも 2020年07月18日
タガメ、希少動物として規制対象に 2020年01月22日
吸排気口がテープで塞がれた販売機、虫対策のためか 2019年08月26日
新幹線ポイント故障、原因は虫 2010年09月06日

nagazou