扇風機のファームウェアを書き換えて潜在能力を引き出す

1 month 3 weeks ago
junp007さんのブログによれば、扇風機のファームウェアを書き換えることにより、風量をアップさせることに成功したそうだ。改造を行った機種は設定を最強にしても風が弱いと感じることのあった製品だそうで、それをなんとかしたいために検討した結果、ファームウェアを書き換えることにしたという。同氏はハードウェア的に性能向上の余地があるのか、ファームウェアのアップデートは可能な構造なのかといった調査を行った上で改修を行ったとのこと。しかし途中で失敗、ソフトウェアを消失し動かなくなったりもしたようだ。紆余曲折を経てなんとか復旧させて性能向上を果たすことはできたようだ。実際の改修過程に関しては結構長いので元記事を見ていただきたい(扇風機のファームウェアを書き換えて潜在能力を引き出した話(その1)、扇風機のファームウェアを書き換えて潜在能力を引き出した話(その2) )。

すべて読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | アップグレード | ハードウェアハック |

関連ストーリー:
Googleが湯呑み型のキーボード。オープンソースで公開 2021年10月07日
Kindleに脆弱性。電子書籍をインストールするだけで実行可能 2021年08月12日
北米で主要な病院の 80 % が使用する気送管システムに脆弱性 2021年08月05日
Western Digital の古い NAS、リモートから攻撃を受けて初期化される 2021年06月26日
Dell の BIOS に脆弱性、129機種が影響を受ける 2021年06月26日
Dellのファームウェア更新プログラムに同梱されていたドライバーに脆弱性、500以上のモデルに影響 2021年05月07日

nagazou

総務省、郵便局が顧客データを企業に販売できるよう法改正へ

1 month 3 weeks ago
あるAnonymous Coward 曰く、総務省は日本郵政が顧客のデータを企業に販売できるように法改正を目指しており、そのため個人情報保護ガイドラインを来年夏までに見直すことがわかった(産経新聞)。 日本郵政グループは郵便物の配達状況から全国各地の住所について居住実態・自動車の保有状況・店舗の開店閉店情報などを把握している。今後、その居住者情報を災害時に自治体に提供することで安否確認に利用したり、自動車保有状況をデータベース化して自動車販売ディーラーに販売し営業に利用してもらうなどの新規事業を想定している。 郵便配達という誰しもが利用しているサービスが個人情報を吸い上げ売り物にする、というのはいささかセンシティブで議論の余地がありそうだ。せめて各顧客の同意を得てからでないとダメなのでは? なおこうした総務省の方針に対して、高木浩光氏は郵便局員への住民の見方が変わってしまう点や住居侵入などの犯罪に当たる可能性があるといった問題提起を行っている(高木浩光氏のツイート)。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 通信 | 政府 |

関連ストーリー:
Apple、波紋を呼んだ児童虐待画像(CSAM)の検出技術に関してFAQを公開 2021年08月12日
消費者庁、マクセルのオゾン除菌消臭器のコロナウイルス除去効果について景品表示法違反で措置命令 2021年07月30日
個人情報の匿名化、信用できる? 2021年07月25日
任天堂が「Nintendo Switch(有機ELモデル)」を発表、10月8日に発売 2021年07月07日
楽天グループ、日米両政府の監視対象になる 2021年04月21日
元警察官ストーカー男が日本郵政の転居サービス「e転居」を悪用。逮捕される 2020年07月21日

nagazou

Windows 11、レジストリキーにASCII外の文字を使用するアプリと互換性の問題

1 month 3 weeks ago
headless 曰く、サブキーを含むレジストリキー名で ASCII 以外の文字を使用するアプリと Windows 11 との間に互換性の問題が確認されたそうだ (Windows 11 の既知の問題と通知、 BetaNews の記事、 Softpedia の記事)。 影響を受けるアプリは開けなくなるほか、BSOD が発生する可能性もあるという。また、影響を受けるレジストリキーに ASCII 以外の文字が含まれている場合は修復できない可能性もあるとのこと。そのため、影響を受けるアプリのインストールされたデバイスでは Windows 11 の提供が保留されており、問題が解決するまで強制的なアップグレードを実施しないことも推奨される。 組織で更新コンプライアンスを利用している場合、Cốc Cốc Browser のあるデバイスのセーフガード ID は 35891494、Aplicação Autenticação.gov のあるデバイスのセーフガード ID は 36632506 とのこと。 ただし、これらのアプリを実際にインストールして起動してみたが、問題は発生しなかった。これらのアプリが作成するレジストリキーはそれぞれ「HKCU\Software\CocCoc」「HKCU\Software\PTEID」であり、サブキーを含めて ASCII 以外の文字が使われている部分はない。Cốc Cốc は本件を受けた検証記事を公開し、特に問題は見つからなかったと説明している。

すべて読む | ITセクション | アップグレード | バグ | Windows | デベロッパー |

関連ストーリー:
AMD の Windows 11 互換プロセッサー、Windows 11 上の特定アプリでパフォーマンス低下の可能性 2021年10月09日
Windows 11、ISO イメージの直接ダウンロードが可能に 2021年10月08日
スラドに聞け:Windows 11がついにリリース開始。アップグレードした感想は? 2021年10月06日
企業で使われている Windows デバイスの半数以上が Windows 11 のシステム要件を満たさない 2021年10月04日
Google 検索、Internet Explorer 11 のサポートを終了 2021年10月03日
リリース目前の Windows 11、Windowsユーザーも知らない? 2021年09月30日
Windows 11 のセットアッププログラム、非サポート CPU へのインストールはサポートされないと警告 2021年09月24日
USB 接続のブラザー製プリンター、Windows 11 で利用できない問題 2021年10月16日

nagazou

[B] 英国 ゲノム編集小麦の野外試験を承認

1 month 3 weeks ago
英国・ロザムステッド研究所は8月24日、ゲノム編集で開発した低アスパラギン小麦の野外試験が英国政府より許可されたと発表した。パンなどの加熱時に生ずる発がん性のあるアクリルアミドを減らすことが可能になるとしている。この承認を受けて、9月から播種が始まるという。(有機農業ニュースクリップ)
日刊ベリタ