2021年の男女の出会い「マッチングアプリ」「Twitter婚活」が上位を占める

1 day 7 hours ago
あるAnonymous Coward 曰く、出会い婚活メディアの恋愛婚活ラボが12月1日に発表した、男女400人を対象とした2021年の恋愛婚活トレンドの調査で、コロナ禍でリアルな出会いが減った結果、SNSによる出会いが上位を占めていることが明らかになった(恋愛婚活ラボ, ITmedia)。 最も多かった「出会いの場所・場面」と題された調査では、男女ともに1位を「マッチングアプリ」が占めており、次いで男性2位・女性3位に「Twitter婚活」がランクインした(男性3位・女性2位はノンアル合コン)。#Twitter婚活 のハッシュタグは、Twitter上でたまに見かけるものの、タレこみ子はみんなネタで書いていると思っていたので、マジで出会っている人がそんなにいるというのはちょっと驚きである。 また、最も多かったデート内容も「オンラインデート(ビデオ通話デート)」が1位となっているなど、完全に世相が変わった感を醸し出している。オンラインデートって単にビデオ会話とどう違うのかなど気になるところだが、ネット恋愛が一部の人の話だった時代から、隔世の感を禁じ得ない。

すべて読む | ITセクション | IT | SNS |

関連ストーリー:
恋活・婚活マッチングアプリ「Omiai」で不正アクセス被害、171万人分の個人情報漏洩の可能性 2021年05月24日
政府が来年度からAI婚活を支援。費用の3分の2を国が負担へ 2020年12月11日
ドワンゴがサブカル好き男女向けの結婚相談所を開設 2020年02月28日
10〜39歳の独身は過半数が自称オタク 2019年11月18日
婚活サービス「ゼクシィ縁結び」は人工知能で「遊び目的」ユーザーを監視している 2019年03月15日

nagazou

テンペラの科学

1 day 8 hours ago
headless 曰く、顔料と卵黄を混ぜて絵具にする絵画技法の卵テンペラについて、ソルボンヌ大学の研究チームが物理化学面の特徴に関する研究成果を発表している(Ars Technica の記事、 CNRS のプレスリリース、 論文アブストラクト)。 卵黄などの粘性がある水溶性の素材をバインダーにするテンペラは中世に広く用いられた技法だが、これまでの研究はバインダーの特定や、どのように劣化していくのかといった点が重視され、物理化学の面ではあまり研究されてこなかったという。研究チームは中世イタリアの画家チェンニーノ・チェンニーニが残した絵画のガイドブックにあるレシピを用いて緑土の卵テンペラを作り、レオロジーと NMR リラクソメトリーを用いて水で練っただけの緑土との比較を行っている。 その結果、両者ともストレスが増すにつれて粘度は低下するものの、卵テンペラの方が粘度を維持していたという。これは卵黄のタンパク質と水分子、顔料が含む粘土の粒子がネットワークを形成することによるものであり、塗り広げやすさやカバー力を強化する。卵黄をバインダーとして使用することで、テンペラの柔軟性増加にもつながっているとのこと。 今回の研究成果は絵具におけるバインダーの種類の重要さに関する疑問をすべて解決するものではないが、バインダーと顔料が形成するネットワークについて新たな見識をもたらし、画家の考えをよりよく理解できるようにするとのことだ。

すべて読む | ITセクション | グラフィック | サイエンス |

関連ストーリー:
裁断されたバンクシーの絵画が再び競売に。裁断後の価値は6倍? 2021年09月24日
300年の時を経て、レンブラントの絵画「夜警」から切り落とされた部分がニューラルネットワークで再現される 2021年06月27日
ムンクの「叫び」に書き込まれた「狂人のみが描くことができる」という文字はムンク自身によるものとの調査結果 2021年02月23日
Google、カンディンスキーが絵画「黄 赤 青」制作時に聴いた(と思われる)サウンドを体験できる「Play a Kandinsky」を公開 2021年02月13日
ムンクの「叫び」にみられるカドミウムイエロー劣化に関する調査 2020年05月30日
イタリア・セリエAの反人種差別キャンペーン、猿をモチーフにしたアートワークが批判される 2019年12月20日
AI技術を使って描かれた絵画、約4860万円で落札される 2018年10月29日

nagazou

文部科学省の脱PPAP、NECの「MCメールフィルター」と「Box」の組み合わせへ

1 day 9 hours ago
文部科学省は1日、パスワード付きZIPファイルの添付、いわゆる「PPAP」対策の一環として、メールの添付ファイルをクラウドストレージサービスに一度移動させ、受信者がファイルをクラウドストレージからダウンロードする仕組みを導入すると発表した(文部科学省リリース、日経クロステック、ScanNetSecurity)。 来年1月4日以降のすべてのメール送受信が対象となる。移動するクラウドストレージは米Boxの「Box」を採用。日経クロステックの記事によると、NECのMCメールフィルターのBox連携機能と組み合わせ、添付ファイルをBoxへ自動で移動させるという。同省とメール送受信をする関係者は事前にBoxへ接続が可能かどうか確認するよう求めている。

すべて読む | セキュリティセクション | 日本 | セキュリティ | 政府 |

関連ストーリー:
IIJが受信もPPAP廃止へ、社外から届くパスワード付きZIPファイルはメール本文のみ受信 2021年11月19日
日立グループ、2021年12月13日以降すべての送受信メールでPPAP利用廃止 2021年10月18日
原子力規制委、PPAPシステムの不具合でメールアドレス76件を漏洩 2021年06月25日
パスワード付きZIPは1秒未満で解けるのでPPAPは無意味 2021年06月24日
パスワード付きZIPファイルとパスワードを別のメールで送るやり方、PPAP方式と揶揄される 2019年12月25日

nagazou

First Circuit Affirms School's Punishment of Students for Online Social Media Posts

1 day 9 hours ago

The U.S. Court of Appeals for the First Circuit affirmed a public school’s punishment of students for speech posted on social media. It was unclear from the lower court proceedings whether the students had posted to social media while on campus or off campus. EFF had urged the court to draw a distinction between on- and off-campus social media speech, and to make clear that schools cannot reach into students’ private lives to punish them for speech that they utter outside of school, even if it’s online. Although the court declined to do that in light of a recent Supreme Court decision, the First Circuit’s ruling is limited to a narrow class of speech that schools have a heightened interest in policing: speech that infringes on the rights of others, such as “serious or severe bullying or harassment.”

The case, Doe v. Hopkinton Public Schools, involved a student, “Robert Roe,” who was bullied by teammates on his hockey team. The school punished a number of those teammates—and also the two plaintiffs in this case, students who made derogatory comments about Roe behind his back on the social media app Snapchat. The court found that the plaintiffs, by participating in the group chat about Roe, had “actively encouraged” other participants to directly bully Roe and so the plaintiffs’ comments constituted a violation of the Massachusetts state anti-bullying law.

Schools do, of course, have a significant interest in protecting their students from bullying and harassment by their peers. In a recent case, Mahanoy Area School District v. B.L., the Supreme Court held that schools have less leeway to police students’ speech when that speech occurs off campus, but that certain buckets of speech may warrant punishment no matter where it occurs:

  • serious or severe bullying or harassment targeting particular individuals;
  • threats aimed at teachers or other students;
  • the failure to follow rules concerning lessons, the writing of papers, the use of computers, or participation in other online school activities; or
  • breaches of school security devices, including material maintained within school computers.

In light of Mahanoy and the important interest in preventing bullying, the First Circuit’s conclusion that Hopkinton Public Schools could punish students’ social media speech that contributed to bullying, even if some of the speech might have been posted while off campus, is not a surprise.

However, we are disappointed that the First Circuit did not take this opportunity to make explicit that schools cannot generally police the speech that students utter in their private lives outside of school, and that the exception for bullying is just that: a narrow and limited exception, per the Supreme Court in Mahanoy.

As to whether participating in a group chat or otherwise communicating with those who directly bully rises to the level of “active encouragement,” we are heartened that the court stated: “[T]here may be circumstances in which encouragement is so minimal or ambiguous, the chain of communication so attenuated, or knowledge of direct bullying so lacking, that a school's punishment of certain speech would be unreasonable.”

We hope that the First Circuit and other courts will clarify that, while schools may punish students who engage in bullying or harassment wherever it occurs, students are generally free to speak freely after school and on weekends, in their private lives, without having to fear that their schools may reach in and punish them for expressing themselves.

Sophia Cope